単身引越し

単身引越しの相場とお得な引っ越し方法

 

 

 

 

このページでは、私の単身引越しの経験から
単身で引っ越す場合、どこの引越し業者に頼めば
一番安く引越しできるかまとめました。

 

 

引越し業者のサイトを見ると多くの業者が
単身パックというサービスをやっています。

 

 

単身パックというのは、

 

決められたボックスがあり、
その中に収まるという条件なら
お手軽な引越し料金でいけますよ。

 

というサービスです。

 

 

しかし、注意が必要なのは、
ボックスに収まらなかった場合です。

 

 

そうなると業者は、もう一つボックスを追加して
そこに余った荷物をいれます。

 

 

2つ目のボックスがスカスカでも
追加したボックス分の料金が請求されます。

 

 

それにより、
引越し料金が高くなってしまうことがあるので注意しましょう。

 

 

 

一般的な単身パックの料金の相場は、

 

 

 20,000円 〜 60,000円

 

 

この単身パックの料金の幅は、
ボックスの数や距離によって変ってきます。

 

 

日通の単身パックの例を出します。

 

 

日通の単身パックには、SサイズとLサイズがあります。

 

 

単身パックSサイズ 単身パックLサイズ

■料金
17,850円〜

■料金

18,900円〜

 

■Sサイズ(内寸)
横幅 108cm
奥行 74cm
高さ 154cm
■Lサイズ(内寸)
横幅 104cm
奥行 104cm
高さ 174cm

■容積
1.23

■容積
1.88

■Sサイズで積める荷物の目安
冷蔵庫(2ドア・109リットル)
薄型テレビ(20インチ)
テレビ台(小)
電子レンジ
掃除機
カラーボックス(3段)
姿見(全身を映す鏡)
布団
日通ダンボールMサイズ(517mm×343mm×343mm)4個
■Lサイズで積める荷物の目安
冷蔵庫(2ドア・109リットル)
薄型テレビ(20インチ)
テレビ台(小)
電子レンジ
掃除機
カラーボックス(3段)
姿見(全身を映す鏡)
布団
日通ダンボールMサイズ(517mm×343mm×343mm)5個
洗濯機(4キログラム)
衣装ケース(39cm×53cm×23cm)

■保険
料金には、1BOXにつき、100万円の運送保険がついています。

■保険
料金には、1BOXにつき、150万円の運送保険がついています。

 

最低料金が20,000円程になっていますが
実際、私が1kから1kの引っ越しで
距離が5kmくらいで見積もりを出してもらった時、
荷物が少し多くなっただけで
30,000円超えてしまいました。

 

 

結局、その時は、一括見積もりで一番安かった
14,000円の業者に頼みましたが

 

 

1人で引越しだから
単身パックが一番安い
という考えは、捨てたほうがいいです。

 

 

私も引越しをしてみて
単身パックより安い業者は、いくつもあると気づきました。

 

 

必ず一括見積もりをとってもらった方が
引越し費用を抑えられる可能性が大です。

 

 

私が使った方法は、下記にまとめています。

 

 

一括見積りサイトを使う

 

 

引越し費用を抑えるためには、
まず一括見積もりサイトを使います。

 

 

実は、一括見積りサイトで引越しを依頼されるのを
引越し業者は、一番嫌がるのです。

 

 

理由は、見積り価格を比較されるから。

 

 

よく大手の一社だけに見積りを依頼する人がいますが
結構高い見積りを出されます。

 

 

一社だけに見積もりに来るお客さんというのは、
引越しの相場を知らない人がほとんどなので

 

 

大手の引越し業者は、高い見積もりをだしても
お客さんがそれで申し込んでくれるのです。
ですから引越し業者は、喜びます。

 

 

しかし、一括見積もりサイトから申し込まれると話は、違ってきます。

 

 

お客さんに高い見積もりを出すと
相手にされずに他社に申し込まれてしまいます。

 

 

ですから利益を切り詰めた見積もりをださないと
仕事が取れないのです。

 

 

こういう理由で引越し業者は、
一括見積もりサイトから申し込まれるのを嫌うのです。

 

 

また一括見積もりサイトを使えば
一回の入力で複数の業者にまとめて申し込めます。

 

 

荷物の項目の入力めんどくさいので
1社1社入力していたら嫌になります。
1回の入力で済むのは、かなり便利です。

 

 

価格交渉

 

 

一括見積もりサイトで申し込んだら
各社から連絡があるので日時を指定して
正式見積もりを出してもらいましょう。

 

 

正式見積もりというのは、
家に来て、実際に荷物を見てもらい正式に○○円と
最終価格をだしてもらうことです。

 

 

そしてこの時に価格交渉をします。

 

 

引越しで値切るのは、みんな当たり前のようにやっているので
ここでがんばりましょう。

 

 

でもやることは、簡単。

 

 

見積もりの安そうな業者から順番に呼んで
そこで出された正式見積もりを
次に来る業者の値引き交渉に使うのです。

 

 

傾向としては、規模の小さい業者の方が
安い見積もりを出してくることが多いです。

 

 

「前の引っ越し業者は、もっと安かったですよ!」

 

 

と言ったり、

 

 

「引越しの日時をそちらに合わせるので安くしてください!」

 

 

といえば値下げしてくれます。

 

 

ちなみに私の場合は、
「引越し価格ガイド」という一括見積もりサイトを使いました。

 

 

このサイトの良い所は、
登録するための選定基準がしっかりしていて
悪い業者が登録できないようになっています。

 

 

その後の監視も厳しく行っていて
女性でも安心して申し込めるサイトです。

 

 

せっかく安く頼めても、質が悪かったら意味がないです。

 

 

一括見積もりサイトの中には、
安い業者が集まっているけど荷物の紛失や破損があり、
クレームをいっても言い訳ばかりという会社もあります。

 

 

こういうことが起きると心身共に疲労することになるので
安心できる一括見積もりサイトを利用しましょう。